春季短期留学 | スコットランド地域研究 エジンバラ大学

 

1)はじめに
  今春、2月27日から3月27日の期間にイギリスの短期留学プログラムに参加した. 本プログラムは全学教養科目として企画されたもので、スコットランドの歴史・文化・社会に関する地域研究(リサーチプロジェクト)を行いながら、英語でアカデミックスキルを伸ばすことが目的である. 歴史に名を残す人材を多く輩出するスコットランド、そして、世界遺産の街・エジンバラならではの研修であった.
 
 
2)プログラムスケジュール
   2月29日から3月25日までの4週間で、月曜日から金曜日が授業であった. sessionA(9:15-10:45) sessionB(11:15-12:45) sessionC(14:00-15:40) の3コマの構成で、水曜日と金曜日以外はsessionCまで授業を受けた. 午前の部(sessionA,B)ではAcademic Skillsの授業があり、Writing, Reading, Listening, Seminar Skills, Speaking という大きなカテゴリーに分けられて4週間で網羅できるように構成されていた. またShort EssayやPostar Presentation、Student-led Seminarなどが課題としてあげられ、個人・グループで取り組んだ. 午後の部(sessionC)ではAcademic Research Projectの授業で、渡航前から準備していた各々のリサーチテーマを進めるための講義が行われた. ゲストレクチャーやツアーもあり、その詳細は以下に記す.
2月29日 City Tour with Mentor
3月2日   Class Visit to National Museum of Scotland, Ceilidh(Scottish party with Lunch and Dancing)
3月4日   Guest Lecture: Introduction to Scottish History
3月9日   Class Guided Walk and Talk: Scottish Parliament
3月11日 Guest Lecture: Introduction to Scottish Politics
3月17日 Guest Lecture: Environmental Sustainability
 
3)移動方法
   往路: 関西国際空港 23:35発→Dubai Airport 05:45着 07:20発→Glasgow International Airport 11:30着→バスにてEdinburgh市内 (エミレーツ航空利用)
   復路: Edinburgh市内からバスで空港へ→Glasgow International Airport 13:00発→Dubai Airport 00:30着 03:00発→関西国際空港 17:10着 (エミレーツ航空利用)
 
4)滞在方法/環境
 Short Term VISAを取得. 4週間ホームステイ 朝食:毎日 昼食:なし 夕食:一週間に4回 家から学校までバスで15分ほど
 
5)アカデミックスキルでの課題
   ⊡Writing about my partner: 2人組になり、質問をしあった後に相手の紹介文を書く
   ⊡Wtiting a Summary: 色が人間にもたらす影響に関する記事を読み、要約文を書く. 
   ⊡Postar Presentation: 小グループでスコットランドに関するテーマを決め、ポスターを作成. 授業ではポスターの作成者がhostとなって、visitorからの質問やコメントに答える形式. グループごとに感想や反省点を述べ、全体で共有.
   ⊡Writing about Scottish Economy: 授業内で取り扱われたスコットランドの経済の資料から、自分自身で短いレポートを書いた.
   ⊡Short essay: 与えられた複数の題材から1つを選択してレポートを書く. ここではより学術的な技術を出力することが求められ、表紙、文章校正、出典、レイアウトの工夫が必要だった. 選んだ題材は"Stress is now a major problem in many countries around the world. What are some of the factors in modern society that cause this stress, and how can we reduce it?"
  ⊡Seminar Presentation: 各自で自分のテーマを決め、リサーチをした後プレゼンテーションとディスカッションをグループで行う. その時の自身のタイトルは"The Problem of the Obesity in the UK" で、英国の健康問題の一つである肥満を取り上げた. 各々の発表後は感想や反省点を述べ、全体でフィードバックを行った.
  
6)リサーチプロジェクト
  各々が調査したいテーマに沿ってリサーチをし、最終的にはプレゼンテーションを行った. 関連のあるテーマを持つ者とグループになり、調査をした. 自身のテーマは"Students Studying Physiotherapy in the UK and Japan" で、文字通り理学療法学を学ぶ学生の比較を行うのが目的だった. しかし実際には特定の2校(自身の通う大学とエジンバラ市内の某大学)での学生比較となった. 日本の学生からはGoogleアンケートで回答を得て、エジンバラの学生にはアンケート用紙で回答を得た. 共通する質問内容は、「何故この学問を専攻したのか」「将来どの分野で活躍したいか」「理学療法士として最も重要な要素は何か」で、それに加えてエジンバラの学生には「専門科目は何か」「一週間にどれだけ授業があるのか」「医療施設での実習はあるのか」を問うた. 最終的なプレゼンテーションは一人10分が持ち時間で、発表後にクエスチョンタイムがあり、聞き手は評価シートを記入した. 
   
7)自由時間
    平日は学校帰りにカフェやショップ、スーパーに立ち寄った. 金曜日から日曜日は夕食が家で出ないため、友人と食事をした. 土日には遠くへ出かける者が多く、自身はホストマザーと近所の丘に登ったり 庭園に行ったり、ロンドンへ旅行をした. 現地の学生とホームパーティも行った.
 
6)さいごに
   日本に帰国して今一番感じることは、"英語を使うことへのためらいが無くなった" ことである. より英語が身近に感じるようになったというか、英語に触れることが心地よくなった、という具合である. この成長は非常に初歩の段階ではあるが、まずはこの段階に登らないと身についていかないのだろうと感じた. ホームステイや学校をはじめ、周りが英語のみの環境に身を置くことが確実に自分に変化をもたらしてくれたのだなと思っている. とはいうものの、まだ私は初歩のステージに立ったにすぎない ここからどう経験を生かし、どう伸ばしていくかが鍵になっている.     最後になるが、我々の異国の地での冒険を温かく支えてくれたエジンバラ大学の先生方、ホストマザー、チャンスを与えて下さった海外留学室の先生方、一緒に走り続けた研修メンバーの皆、そして誰よりも応援してくれた両親へ感謝したい. 

韓国旅行 | 押し売りに注意

f:id:HANDinHAND:20160214150642j:plain

   こんにちは、今回は前回に引き続きカフェの紹介と思いきや、少し旅先での失敗談でも残しておこうと思いまして、タイトルの通り 押し売りの初体験の話をしていきます。韓国旅行の2日目に、換金しに明洞へ行かなければならなかったのですが、そこで友人が、ついでだし朝ご飯に胃にやさしいお粥でも食べようと言ってくれたので行きました。 その後せっかくだからという事で、ロッテ免税店が開くまでの間に明洞周辺のお店を見ていました。「(お、NATURE REPUBLICにinnisfree....え?またinnisfree....ん...またinni...(エンドレス)」明洞あるあるですね。 こうしてふらふらと歩き回っていたからでしょうか、今回の話のネタを提供してくれたゴリ押し売りお姉さんが私たちに忍び寄るのです。(偶然にも2人共ダウンを着ていてニット帽かぶっていたからナチュラル・お揃い・コーディネイトになってしまい、結構目立っていたようです お姉さんが言ってくれたので、その後すぐニット帽をはぎとりました。)

   「お姉さん達、パック2つあげる!見るだけでいいから来て!」とthe saemの店員のお姉さんがやってきた 旅先の静かなるテンションの高さ故だろうか、普段ならしないのに、よく分からないノリでもらってしまい、腕を組まれて中へずるずる...きっとこのとき友人も思っただろう「(あ、これ 完全にやらかしたパターンだわ)」

   最初は人気らしい美容液やピーリングなんかを試してもらって、' 通常 'のタッチアップをしてもらったり  教科書のっているような韓国語を言ってみたりしてそれなりに会話を楽しんだ ( 買うつもりは微塵もなかったが )  しかしだ、 「お姉さん◯◯すき?今宣伝してるアイドルなんだけど」「ああ、知ってますよ」「今これ買ってくれたらおまけいっぱい付けるよ!さっきも日本人のファンがカゴいっぱいに買っていったよ!」おまけと宣伝アイドルを目の前にぶら下げてきた。「 (ごめん、アイドル関連のおまけがほしい時期は中学生時代に置いてきた。)」こうして本格的に始まったのだお姉さんのゴリ押し売りが...

   友人はK-POPにあまり興味がないし、私は買うつもりもないところで長居するのが嫌だしで、2人とも買い物意欲OFF!というか、もとからOFF!それに全く気付かないお姉さんはまだ続ける「いつもはどこの化粧品使ってる?」「クリニークとかです」「資生堂です」「あ~お姉さんはここの肌はいいけど、目元あたりが乾燥してるね だったら、絶対これ使ったほうがいい!エステとか行くの?」「いえ」「最近の子はエステとか行くよね でもエステなんか行くよりもこの商品使ったほうがいいと思う。それで、もしお姉さん達ががこれ買うなら、私がこれ全部付けてあげる!お店に内緒で!どう?」「(ウワァ!キタ.....!!!)」友人は苦笑いで、そして私は他のコスメを見るふりして、2人で店の出口にジリジリ しかし店の出口の横にはラスボス(レジ)がたたずんでいるのだ もちろんお姉さんはちゃっかりゴリ押し商品を持ってレジにスタンバイ 「(さぁどうしよう。まだ換金してないので、後で来ます♡って言おうか...あ、でも日本円でも良いよとかいわれそう やめよう)」「ん?お金ないの?」「うーん... あの~、私たち他のお店が見たいんです なのでちょっと待って下さい」「え?どこ?」「◯◯とかですね!」「えぇ?◯◯?韓国でもレベルの低いブランドだよ」「......」この一言でもう買い物意欲OFFどころではない このお店対する好感度(xを好感度とする)は x→ -∞である 「すみませんが、今回はやめておきますね」と言って外へ出ると「絶対これ使ったほうがいい!エステ行ってたらそんなお肌にならない!嘘はだめだよ?高い化粧品使うくらいなら これ使うほうがいい!」ちょっと待ってくれ、エステ行ってないって言ったじゃないか しかもさりげに肌汚いって言われてる気がするし さっき所々褒めてくれたのに 凶変して、一気に追い込んでくる...「これからは自分を偽らないで素直に生きてね(めちゃくちゃ怒っているトーン)」「はは~!さようなら!」

   といった感じで最後は訳の分からない結論でお店を出ました 30分ほどで一人あたりかたつむりマクス2つ...これぞ戦利品...? 元々、私はプランなしでその場の化粧品購入は絶対にしないタイプで、なおかつ敏感肌のため 自分で口コミ検索や一回サンプル使用しないと買わない主義です。 スキンケア用品をおすすめされたまま買うなんてよっぽど慣れてるブランド以外では怖くてできない! なので、お姉さんの商品紹介が始まった時点で「早く帰りたい」「いらない」「どう撒こうか...」と悶々と考えつつ笑顔を貼り付けて話を受け流す... そんな苦痛の時間でした。 もしみなさんが買うつもりもないのに強引に勧誘されたら清く断ってほしいですね。腕をつかまれても振り払う事。そして後々調べたら、まあ評判の悪いこと!今まで嫌な思いをした方が多いみたいですね。

 

 

comm.konest.com

(一部口コミ抜粋)

シートマスクだけ買いに行ったし、店員が話しかけてきたときにもシートマスクだけと伝えたのに、
会社の方針でカタツムリ美容液(ステイックタイプのもの)を売らないといけなかったのか、ごり押し。

もうしつこすぎたので、じゃあ一本だけ…とお会計に進むと社長と呼ばれる男性が出てきてもう一本、と。
どうしてももう一本買えないか、と言われたときに、わたしは既婚者だから旦那と相談しないといけないと
伝えるもそういうあちらにとって都合の悪い日本語は理解してもらえず、しかもクレジットカードを
渡してしまっている状況だったので全ての買い物を取りやめることもできず、どうしても聞き入れてもらえない様子だったので結果二本買わされました…。

一本5万ウォンです。わたしはしかもそのカタツムリ美容液を買うほどお肌には悩みもなく…。
変に日本のメディアやikkoさんが来店しているせいでごり押しのダシに使われ、そちらにも怒りが湧きました。
こんなひどい押し売りのお店を推奨するなんて…。もう行かないと思います。

 

    私たちは幸いにも何も買わずに出てこれましたが、脱出できた瞬間に友人と「もうこの店の前は通らないようにしよう」という意見で一致し、免税店に向かう道もわざと奥の道に入って、避けて行きました 他のthe saemの店舗は、ちらっと見た感じ、韓国でよく見かけるような話しかけないと何も教えてくれない脱力系の店員さんのような感じだったので、もしここのブランドで何か買いたいのであれば、1号店はやめておいた方が賢明です。 ただし、明洞すべてのお店が押し売りしてくるわけではないので安心してください。innisfree、NATURE REPUBLIC、TONY MOLYや他のブランドにも入りましたが、お会計以外は干渉してこないタイプの店員さんでした。逆に干渉してこなさすぎて、「あの、人気のパックってどれですか...?」と聞いてみたくらいです。ただ、今回の旅で学んだことの一つとして、自分を守るのは自分自身であるということですね 元々the saemに行く予定もなかったから初めから断るべきであったし、こんな評判の悪い店舗があったなんて知らずに行ったのでリサーチ不足でもあったかな でも、一回こういう経験しておいて良かったのかもしれないなんてポジティブに考えていますが、今見てくれている方が被害に合わないことを祈ります。なんだかジメッとした終わりになってしまいましたが、私にとってはあるいみ良い体験だったので書かせていただきました。 ではまた次の記事でお会いしましょう。

韓国カフェ | mk2

   みなさんこんにちは、今回も引き続き韓国旅行に関する記事です。最近instagramでは韓国のカフェの写真がよく上がっていますよね。SNSのありがたさといいますか、投稿者された方が位置情報も付けてくださっているので、我々日本人でも人気のカフェに行きやすくなっています。私もまさにその一人です笑 これは私の個人的なこだわりなのですが、旅先を決めると必ず渡航前に行きたいところをリサーチしてノートにまとめています。(iPhoneを見なくてもたどり着けるように、地図や路線図、住所などなどわりと細かくメモしています) そのため、今回の旅行では主にソウルのカフェを調べていきました。出典はもちろんinstagram。 地図をコピーしてノートにペタリ。 行きたいカフェをピックアップしていくと、合計で23か所。このうち、3か所に行くことができ、また新たに1か所お気に入りのカフェを開拓しました。 韓国は本当にカフェがたくさんで、もう探せば探すほど出てきます。天国ですね。

 

   さて、今日紹介するのは ”mk2” という素敵なカフェ。 景福宮(경복궁) の近くなので、観光のついでに立ち寄れます。私は今回、宗廟(종묘) を見てから地下鉄で安国(안국)駅で降りて街並みを見ながら景福宮付近をうろうろしていたのですが、そのコースでもいいし、景福宮駅で降りてカフェに直行でもいいと思います。駅から近いです、徒歩10分かからないくらい。記事の最後に地図などを載せておくのでぜひ行ってみてください。実はこの時、すごく良くしてくれる韓国のお姉ちゃんに会いに行きまして...もう感涙...初めましてだったのですが、かわいいカフェで素敵な方とお会いできた時間は本当に幸せでした...今でも引きずっています。今度遊びに来てくれるみたいなので、もう気合い入れてもてなしたいですそういう勢いです(?) 

 

   mk2の外観はシンプルなのですが、名前が大きく書いてあるのですぐ分かると思います。店内はこんな雰囲気です。カラフルなインテリアが白ベースの店内に映えていました。テーブルや椅子もデザインや色がバラバラなのに、全体として統一感がある空間です。私たちの席のすぐ横に本が収納してあるスペースがあって、そこにかがんで入るといろんな雑誌や本が!日本の雑誌も見つけて、なんだかほっこり。ちなみに今回オーダーしたのは、お姉ちゃんおすすめのピンクグレープフルーツのタルト!ドリンクはvienna!少々甘々な注文でしたが、味は確かです。タルトはアーモンドプードルが効いている(多分...笑) 美味しい生地で、クリームチーズが乗っており、グレープフルーツがたっぷり!美味しかったな...苦みが少なかったので、グレープフルーツが苦手な方もペロッと頂けるんではないでしょうか 

 

https://www.instagram.com/p/BAR9uZnm4se/

#mk2 #韓国 #instatravel #instagood #igers #igdaily #daily #2016 #0106 #cafe #카페 #데일리 #한국 #서울

   

https://www.instagram.com/p/BAPbfYIG4iP/

2016 0106 16:00わたしの大事なお姉さん〜?会ってくれてありがとう!私たちの旅行を助けてくれました? 韓国のお菓子(언니セレクト)も貰ってしまった〜! 今度は日本に遊びにきてね! だいすきです?#한국 #korea #yesterday #pict #igdaily #igers #instagood #instatravel #여행 #mk2 #cafe #카페 #먹스타그램 #케이크 #서울 #데일리 #カフェ #韓国 #旅行 #ソウル #コーヒー

 

https://www.instagram.com/p/BAlLhXaG4r-/

20160106#igdaily #igdaily #instatravel #seoul #cafe #여행 #책 #카페 #旅行記

 

   私がmk2に着いたのは16:00だったのですが、満席の状態でした。 一応すぐ入れましたが、 「この時間にこんなに人がいるのは初めて」とおんにも言っていました。 どの時間帯が空いているのか...までは分からないのですが、通常16時頃なら入りやすいようです。そうだ 言うのが遅れましたが、お店に入ったらまずは適当に自分の好きな場所をとって下さい。レジで注文をすると出来上がり次第店員さんが席まで持ってきてくれます。メニューの抜粋ですが、私の飲んだviennaは7000ウォン、タルトは7000ウォン 他に例を挙げるとアメリカーノは5000ウォン、カプチーノは6000ウォン、紅茶はすべて8000ウォンという価格帯です。日本のカフェと同じくらいでしょう。サンドイッチもあるので、ランチに来てもいいかもしれませんね

 

https://www.instagram.com/p/BA9m8gmm4um/

試験期間中にカメラロール見返してしまう20160106#한국 #korea #pict #igdaily #igers #instagood #instatravel #여행 #mk2 #cafe #카페 #먹스타그램 #케이크 #서울 #데일리 #カフェ #韓国 #ソウル

 

   というわけで、今回はおすすめの韓国カフェを紹介させていただきました。次回もおすすめのカフェ話になるのではないかと思われます。みなさん風邪に気をつけてお過ごしください。受験生のみなさんも、暖かくして勉強頑張ってくださいね 最後はベストコンディションで二次試験に臨んでください、では。 

 

f:id:HANDinHAND:20160123211747p:plain

mk2

住所: 서울 종로구 자하문로10길 17 

営業時間: 11:00~23:00 (명절以外は月~日営業)

Tel: 02-730-6420

広告を非表示にする