読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国旅行 | WiFiカードの買い方

   皆さんご無沙汰しております。 最後の記事を書いてから293日が経ったようですが、相変わらず元気に過ごしています。 受験生の方々はもうセンター試験も終わって、二次に向けて準備をしていることでしょう。 以前までは"受験の記録"を記事に残していたわけですが、今回は先日行った旅行の記憶をここへ書いていきます。
 
   さて本題に入りますと、私は1月5日から1月8日の間、3泊4日でソウルへ行ってまいりました。海外旅行といえば、ネット接続が気になるところですよね。今回泊まった新羅ステイ麻浦では無料のWiFiに接続できるとホームページに記載されていましたし、韓国はカフェで充電自由、そしてWiFiも飛んでいるという話をよく聞いたり読んだりしていたので、特別ルーターは持って行こうとは思いませんでした。 しかし、渡航前日にやはりルーターをレンタルしたほうが間違いないんじゃないか...と思い始めた私。気づくのが非常に遅い。(レンタルは事前予約が必要なのです) そこでネット検索してみると、どうやらolleh WiFiというWiFiカードがコンビニで買えるよう。 このカードは、1時間用と1日用という風に分けられています。(4日間用もあるようですが、私の買ったところでは無かったです) iTunesカードのようにIDが記載されていて、これをolleh WiFiに接続できる場所(地下鉄やカフェやお店)で接続した状態で入力すると使用できるという仕組みです。
 
   私は宿泊先と繋がっている、セブンイレブンで1日タイプを購入しました。お酒とクッキーのついでにカードを買いたくて、店員さんに「와이파이 카드 어디에 있어요?」と言ったところ 最初は新人さんっぽい方に「없어요」と言われましたが、すぐに女の子の店員さんが「저기 있어요」と教えてくれました。(日本のコンビニとほぼ同じ並びなんだけども、レジ近くのガムとか飴が置いてあるとこの側面にあった)  これを2枚持ってさあお会計!と思ったところ... なぜかカードのバーコードが読み取れず、ピッとせずにそのまま手渡されて6600ウォンを別で払いました。(これがあとで悲劇をもたらす) まあ、何はともあれ一応カードは獲得できたわけです。 
 

f:id:HANDinHAND:20160123162100j:plain

   次の日に地下鉄でolleh WiFiに接続して自動で開かれるページで簡単な登録(名前とメールアドレス)とカードのIDを入力したのですが...  "店頭でバーコードスキャンをして下さい" 無念....。つまり読み取りができなくて、買ったよ!という記録がないので接続できないということ... しかもこれをお店に持って説明する韓国語の力もないし変な疑いかけられたら たまったもんじゃない.......すぐにただのカードと化しました(いい旅の思い出です)
 
f:id:HANDinHAND:20160123162046p:plain
 
   ちなみに、覚えている限りですが どこでolleh WiFiが接続できるかと言うと、地下鉄の駅と車内、カフェ、ガイドブックなんかに載ってる観光客のよく訪れる飲食店です! 私は今回 無料のWiFiに頼って旅行しましたが、問題ありませんでした。明洞やカロスキルあたりは普通に使えますし、カフェ(また紹介します)でも使えるところがありました。なんていったってホテルに帰ればサクサク繋がりますし! でもやはり外では少しだけネットに不自由を感じました。ルーターを借りる....まではいかないので、このカードを"ちゃんと"購入できていれば、結構快適なんじゃあないかと思いました!念を押しますが、くれぐれもきちんとバーコード読み取りはしてもらってくださいね笑 
 
   というわけで、今回は韓国でのWiFiカードの買い方(?)を書いてみたのですが、いかがでしたでしょうか〜 私、実は今回が初めての韓国旅行で!もう中学生のころから本当に行きたくて行きたくてたまらなかった場所だったんです!なので、今回の旅はいろんなことを一気に吸収してこれて大変楽しかったです カラカラでギュウギュウのスポンジをプールに入れてきたような!笑  "よく聞こえてくるフレーズは?" "地下鉄の仕組みが日本と違う!" "朝日が昇るのが少し遅いしお店開くのも遅い" "日韓の店員さんの態度の違いは?" などなどもう見るもの全部が新鮮で...思い描いていた韓国と違っていたり、ああやっぱりこうなんだと思ったり...   楽しかったなあ... まだまだ書きたいことはたくさんありますが、今日はここまで。 ではでは読んでいただきありがとうございました!